スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月19日 高知市はりまや町「J's」

高知県内でのライブって、本当にレアで、

それこそ、全国のどこでのライブよりも、アウェー感満載です。

一応、オープニングアクトってことで、与えられてる時間が短いので、

とにかく、体脂肪率の少ないセットリストにしようと思いまして、

結局、僕の曲の中で、最もヘビーな3曲と、AKBグループのカバー2曲という、

とんでもなくスリリングなセトリになりました。

ただ、AKBの「命の使い道」は、とんでもなく、毒の強い曲で、

その次に続く、新曲「MERO-こぼれ往くもの-」へと続く、

重要なセットアッパー。

我ながら、憎たらしい程の選曲になったかと。

8月19日高知市はりまや町「J's」浜田裕介ステージ終了。

1、産声

2、花火は終わらない(SKE48カバー)

3、祈りのようなもの

4、命の使い道(AKB48カバー)

5、MERO-こぼれ往くもの-(新曲)


「MERO-こぼれ往くもの-」

善人という仮面の裏には とても強力なボンドが塗られてて
だから僕はそれを剥がす時に 本当の顔も一緒に剥がした
ほら過ぎ往くものではなく、僕はこぼれ往くもの

放課後いつもブランコに座り 鍵を失くした迷子を演じた
ママはいつでもテーブルの向こう 携帯ばかりずっと見ていた
ほら去り往くものではなく 僕はこぼれ往くもの

彼女はいつもクラスメイトから 人間以外の名前で呼ばれてた
見えない場所で続く儀式は 彼女をとても美しく見せた
そう移り往くものではなく 全てこぼれ往くもの

あらかじめ失われた世代は遠い昔
僕たちは最初から 全て満たされてた
溢れ出すグラスの縁 表面張力にしがみつき
順番が巡るのを 実感も無いまま待ちわびる
ほら散り往くものではなく 僕はこぼれ往くもの
                               
少年Aと呼ばれた時に 僕に初めて名前がついた
終った後で理由を付けた そこが本当の僕の誕生日
ほら過ぎ行くものではなく 僕はこぼれ往くもの

愛という言葉口にした時 生臭さに吐きそうになった
動機を聴かれ泣こうとしたのに 僕は無意識に微笑んでいた
ほら去り往くものではなく 僕はこぼれ往くもの

彼女があの日見てた天井には バレーボールが二つかかってた
締まりきらないドアの隙間から 覗く満月が彼女に届く
そう移り往くものではなく 全てこぼれ往くもの

あらかじめ用意された シナリオを演じただけ
英雄達を讃える凱歌を 敗残者達が歌う
モラルとか美談とか 聴かされる度に朽ちてゆく
僕はただ彼女の孤独で 僕の孤独を塗りつぶしただけ
ほら散り往くものではなく 僕はこぼれ往くもの










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

浜田裕介

Author:浜田裕介
浜田裕介です。混ぜるな危険です!!さすらいの唄うたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。