10月10日 下関「T GUMBO」

とにかく、今年の小山さんとのツアーは、全体を通して、本当に奇跡のというか、ある意味、伝説のツアーになったんじゃ
ないかと思う。

三日間とも超満員。お互いのライブ内容も文句なし。

お互いのリスナーに、お互いの唄をしっかりと伝え合うという、ある意味、当たり前で、相当難しい、ジョイントライブの

原点回帰、それこそが、今回のツアーのテーマだったんだと、改めて想いました。

何よりも最終日の下関で立ち見が出る程の超満員!!

音楽の神様はまたしても、浜田裕介を依怙贔屓してしまい、天界で孤立を深めたことであろう?(笑)

10月10日 下関「T GUMBO」

第一部 浜田裕介

1、ま、いっか

2、雨の唄とか 星の唄とか

3、ヴェルベットムーンにくちづけ

4、祈りのようなもの

5、めろ-こぼれ往くもの-

6、夜を見てた

第二部 小山卓治

アンコール

1、呼吸-Breath-(with小山卓治)

2、種の歌  (with小山卓治)

アンコール2

1、デイジー (with小山卓治)

ライブの後真夜中のフォルクスで、僕と小山さんは、柔らかい幸福感に包まれながら、来春、京都〜広島〜下関〜博多のツアーを約束したのであった。
スポンサーサイト

10月9日 大阪 「Beggar's Banquet」

小山さんとのツアー2日目、大阪「Beggar's Banquet」

うひゃーっていうぐらいの大成功。

京都大阪の2連ちゃんが、ほぼお客さんがかぶらずの、連日の満員御礼!!

言葉と、メロディーと、声に、ここまで向き合ったライブは、そうはないやろ?っていう自負があります。

沢山の方に喜んでいただき、CDも沢山買っていただき、幸せな夜でした。

さあ、少し仮眠を取ったら、下関まで600kmの車移動!!

さあ、ラストは本州の最西端。下関「T GUMBO」です!!

10月9日 大阪心斎橋「Beggar's Banquet」

第一部 浜田裕介

1、祈りのようなもの

2、雨の唄とか 星の唄とか

3、ヨコスカ

4、呼吸-Breath-

5、めろ-こぼれ往くもの-

6、夜を見てた

第二部 小山卓治

アンコール

1、ゆるやかな法則 (with 小山卓治

2、種の歌  (with 小山卓治)

10月8日 京都嵐山「音や」

ACROSS THE BORDER TOUR 2016 浜田裕介×小山卓治

初日は、これまでのスケアクロウツアーでもスタートの地になることが多い京都。

1週間程前に起きた「東京事変」(個人的)による、メンタルのダメージが大きく、

不安の仲でのスタートでしたが、超満員のお客さんにも救われ、

次に繋がるライブになりました。


10月8日京都嵐山「音や」

第一部、浜田裕介

1、脱がないストリッパー

2、告白の唄

3、302 (For 李涛)

4、祈りのようなもの

5、めろ-こぼれ往くもの-

6、81番目の星

第二部、小山卓治

アンコール

1、呼吸-Breath-

2、祈り

以上
プロフィール

浜田裕介

Author:浜田裕介
浜田裕介です。混ぜるな危険です!!さすらいの唄うたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR