スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土居まり1stソロアルバム「風が向かう場所」リリース!!

バタバタと忙しい日々が続いたので、
つい、ブログでの紹介が遅れましたが、
昨年夏より制作していた、土居まりの1stソロアルバム「風が向かう場所」が遂に完成いたしました!!!

土居まりちゃんは、80年代の高知のアマチュアミュージックシーンでは、もはやレジエンドとも言える、
スーパーポップスユニット「コスモス」のメインボーカリストだった人物。

コスモスの活動が休止した後、小学校の教員を続けながら、細々と、独自の創作活動を続けて来た。
そんな彼女が、高校時代に「コスモス」の大ファンだった、これまた、高知が生んだ不遇のミュージシャン浜田裕介と、運命的に出会い、紆余曲折の末に完成したのが、この「風が向かう場所」だ。

収録曲の全てが土居まりの作詞作曲、
そして、浜田裕介が人生初のプロヂューサーとして、アルバムを完成させた。

彼女の唄声を最大限に引き出すための、最小限の装飾。
取れ立ての無農薬野菜で作ったサラダのような、珠玉の1枚!!

そんな「風の向かう場所」から、代表曲とも言える1曲、
「モネの庭」です。



尚、このCDはTSUTAYA四万十店にて、購入が可能です。
あと、このブログにてメッセージいただければ、通信販売も承ります。
スポンサーサイト

6月14日「本はともだちコンサート」@高知こどもの図書館



「高知こどもの図書館」での「本はともだちコンサート」なんとか、無事終了しました。

ちょっと、いろんな心配事もあって、今ひとつ、掴めない感じだったかも?

議員をやってた頃には、こういうライブもたくさんあったのですが、最近のツアーミュージシャンになった僕には、少しハードルが高かったかもです。

唄や、ギター、朗読に関しては、比較的クリア出来た実感はあるのですが、お客さんの層が、幼児からお年寄りまでと、広く、1時間の時間制限の中に、アニメソング、流行歌、オリジナルソング、絵本の読み聞かせ、と、お題が多くて、ちょっとフォーカスがぼやけたかなあ?って反省してます。

ただ、一番の心配だった、健康面の不安が杞憂に終ったので、取りあえず、ホッとしてます。

6月14日 高知市「高知こどもの図書館」本はともだちコンサート

1、涙そうそう
2、となりのトトロ
3、アンパンマンのマーチ
4、雨に唄えば(ピンポンパン日本語バージョン)
「ぼくがラーメンたべてるとき」長谷川義史 絵本朗読
5、ひこうき雲 (「風立ちぬ」より)
6、君をのせて (「天空の城ラピュタ」より)
7、冷たいスープ
「せかいでいちばんつよい国」デビッド・マッキー 絵本朗読
8、ピンクの麦わら
9、猫派遣村の唄
10、ゆるやかな法則
11、おどるポンポコリン

関東遠征終了!!

本日(6月5日)の、横須賀アザレアでの生誕祭ライブをもちまして、
今回の関東遠征のスケジュールは全て終了しました。
今日は、コンディション的には最低でしたが、横須賀のみなさんの、温かいご協力で、いつもにも増して、素晴らしいライブになりました。
今日も3時間近いロングランライブになったため、正確なセットリストは不明です。
定番曲に加え、李涛くんに送った「Dear」新曲「native blue (最初の青)」多数のカバー曲、久々の「往路」、もちろん「流星のターミナル」の超絶大合唱など、本当に、完全燃焼のライブでした。
4日には、李涛くんの声によって、僕の曲が数百人の大観衆へと届けられました。
赤坂BLITZはキャパ700人近いです。
そこで、僕が作った曲が流れたことを考えると、
たかだかキャパ250のAKB劇場で、僕の曲が流れるのも、決して叶わない夢ではないと思います。
7月からはインターネットラジオも始まります。
8月後半〜9月にかけての30周年全国ツアーも、ほぼ全日程が決まりました。
10月末からは、今年も、小山卓治さん、高橋研さんとの「スケアクロウツアー」も決まってます。
もう、希望しかありません!
ここで、油断して、大けがをしないように、慎重且つ大胆に、
次の一歩を踏み出そうと思います。
どうか、これからも、浜田裕介に、みなさんのお力を貸していただけますよう、
心からお願い申し上げます!!

6月4日李涛1stアルバムレコ発ライブin赤坂Blitz

以前から、ご報告して来た、
元劇団四季のトップスター李涛くんの「レコ発ライブ」
赤坂Blitzまで、ご招待いただき、しっかりと見届けてまいりました。

僕が彼に送った「Dear」も、ライブの中盤で、彼の素晴らしいボーカルで、
大観衆へと届けられました。
現在、配信サイトで、Dearは、上位にランクインしている状態です。

これまで、ことあるごとに、「知る人ぞ知る」と慰めのような評価をいただいてはきましたが、
今回、遂に、「浜田裕介」というソングライターが、大海原へと出航しました。

当日、開場前には入場口に、長蛇の列が出来ました。
ライブハウスとしては破格の700人近い客席は、全て埋まりました!!
その人達の元に、僕が作った唄が、確かに降り注ぎました!!
後は、この種が、芽を出し、花を咲かせるのを、祈りながら待つのみです。

今回、こんな大役に大抜擢してくれた、プロデューサーの和佐田さん、
そして、李涛くん、本当にありがとうございました!!!
プロフィール

浜田裕介

Author:浜田裕介
浜田裕介です。混ぜるな危険です!!さすらいの唄うたいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。